『ベンジャミン・バトン』観てきた

『ベンジャミン・バトン』オフィシャルサイト

観てきました。
2時間48分とかなり長い作品ですが、最後まで見入ってしまう映画でした。

若返るベンジャミン(ブラッド・ピット)と、
老いるデイジー(ケイト・ブランシェット)との間で交差していく時の流れに、
なんともいえず諸行無常の響きを感じ…、アメリカの年代記的な趣きもあり。

ベンジャミンと親父さんがふたり、湖畔を眺めるシーンが特に心に残ったが、
エピソードの節目節目で「雷に七度打たれた…」と語る爺さんも味わい深かった。

う~む、、とにかく深い内容でした。
ピグミー族のくだりなど気になるところもあるので、原作も読んでみたいところです。


【参考】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ja.wikipedia.org)
[PR]
by bouquet_garni | 2009-02-16 01:03 | 映画、ドラマ | Comments(0)


映画の感想など。


by bouquet_garni

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
more...