「グラン・トリノ」を観た

映画『グラン・トリノ』オフィシャルサイト

──俺は迷っていた、人生の締め括り方を。
 少年は知らなかった、人生の始め方を。



先日は「バーン・アフター・リーディング」、
そして今日はクリント・イーストウッド監督・主演「グラン・トリノ」を観てきた。
深く、またどっしりとした重みのある作品でした。

朝鮮戦争から帰還し、フォードの自動車工場で50年勤め上げた頑固な爺さん、
ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)。

冒頭の最愛の妻の葬式では、孫の不作法さに
「ム゛ム゛ム゛ム゛ム゛…」
生と死について説く新米神父の言葉をよそに、
遺産の話や、残された父の面倒を誰がみるか、といった話をヒソヒソし続ける息子らに
「ム゛ム゛ム゛ム゛ム゛…」
ぶつくさと文句を垂れながら家へ帰る息子の車がトヨタなのを目にして、
「ム゛ム゛ム゛ム゛ム゛…」

ことあるごとに唸りまくっている。

そこへ、従兄のチンピラグループに仲間に入ることを強制され、
「テスト」と称してウォルトの愛車・'72年製のグラン・トリノの盗みを命じられる、
隣の家のモン族の少年、タオが現れる。

目当ての車の近くまで来たはいいが、
気づいてライフルを持って飛んできたウォルトにビビって逃げ出すタオ。
ウォルトに「トロ助」というあだ名をつけられてしまう。

ある日、隣家に現れた身内のチンピラに困っていたモン族の家族を目にしたウォルトが、
「芝生に入るな!今度入ってきたら命はないぞ」と凄んで追い返すという事件が起こる。

そのお礼として、モン族の人々から山のような花や御馳走を運ばれ、
困惑するウォルトだったが、
前後して、黒人の不良グループに絡まれていたタオの姉・スーを助けたこともあり、
ウォルトとモン族の人々の溝は徐々に埋まっていく…。

---------------------

中盤、冒頭からの経緯でウォルトがモン族の不良グループの一人を叩きのめす場面から、
徐々にストーリーがシリアスになっていきますが、
ウォルトがタオと出会う前の数少ない仲間である愛犬ディジーや、
彼と床屋のマーティンとのやり取りなど、ほのぼのしたり、思わず吹き出すシーンもあり、
ラストへ至る流れの深さがより際立っていた気がします。

タオの姉・スーの凛とした雰囲気、
若干ぽちゃっとした体型が可愛らしくもあり、清々しさもあり…、
この物語において一番重要なアクセントを与えるキャラとなっています。
煙草をスパスパ、ヘソにはピアス…という、
「クソガキ」ないで立ちのウォルトの孫娘と見事に対照的なのも面白いです。

仕事を与えられ、「男の会話」を知り、だんだん目に力強さを持ち始めるタオと共に、
最初は少し頼りなく見えるヤノヴィッチ神父の、
ストーリー進行に合わせて凛々しくなる表情も良い。

そして、クリント・イーストウッド…これを最後に監督業に専念する、という言葉通り、
凄い存在感を出してます…彼自身、
朝鮮戦争の時代に陸軍として召集された経験もあってなのか、
過去の戦争体験について言及するシーンの迫力は、何とも言葉にし難い説得力があった。


エンドロールが流れ、客電がついてもすぐに席を立つ人は皆無…。
非常に厳粛というか、ずしりとした余韻からしばらく抜け出せないという感じで、
場内は8割近く席が埋まってるとは思えないほど、
シーンと静まり返っていたのが印象的でした。

また、素晴らしい映画に出会うことができたなあ、、と静かに思いました。


【参考】脚本家ニック・シェンクのインタビュー (NIKKEI NET VARIETY JAPAN + PLUS)
【参考】グラン・トリノ - Wikipedia
[PR]
by bouquet_garni | 2009-05-06 00:44 | 映画、ドラマ | Comments(0)


映画の感想など。


by bouquet_garni

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
more...